古民家に雨漏りはつきもの?きちんと雨漏り修理しないと大変です!
油断大敵!古民家の雨漏りしやすいポイントを見張るべし
雨漏り修理業者は被害が酷くなる前に点検や対策を行なっている
古民家には古民家の雨漏り修理があった!~受け継がれる工法~

プロだからできる古民家の雨漏り修理~伝統技術に秘密あり~

瓦屋根の修理は伝統工法でできる

外観

自然素材を活かした伝統的な工法を行なうことで、古民家の瓦屋根の良さを維持することができます。

伝統工法で雨漏りや湿気を防げる

杉皮葺き
瓦屋根の下地部分には木材が使用されています。通気性を良くするために隙間を空けて下地が組まれているので、その上に杉皮を使用して防水加工を施します。防水部分にも木材を使用することで湿度の調整が自然と行なわれ、長持ちするのです。
トントン葺き
トントン葺きの仕組みも上記の杉皮葺きと同様です。こちらの場合は防水部分に皮ではなく3mmほどの厚みがある木材を使用し、竹釘で下地に打ちつけていきます。このときの釘の音からトントン葺きと言われるようになりました。

技術のある業者を探そう

古民家の雨漏り修理はどの業者に依頼してもいい訳ではありません。茅葺屋根の修理は特に専門的な技術が必要になるので慎重に業者を探しましょう。

古民家の雨漏り修理をしてくれる業者の探し方


古民家の雨漏り修理を依頼したいのですが、専門業者を探す際に気を付けておくべきポイントがあれば教えてほしいです。
雨漏り修理にかかる費用は一般の人では想像しにくいものです。特に茅葺屋根など特殊な屋根の雨漏り修理の場合は一般的に知られている相場とは費用が異なります。雨漏り修理業者を探すときには、必ず複数の業者で見積もりを行なって比較するようにしましょう。比べることで相場が分かり、失敗が少なくなります。費用の他に大切なのはその業者の評判です。古民家の屋根を修理する技術をきちんと持っているか、対応は丁寧か、実際に問い合わせたり、口コミサイトなどを参考にしたりして調べてみてください。

しっかりメンテナンスできたら古民家で事業を始めてみるのもあり

古民家はそのまま住居として使用するのも魅力的ですが、民宿やカフェとして利用する人も増えています。雨漏り修理やシロアリ駆除など買ってからお金がかかりがちな古民家だからこそ、空いた時間と空間を活かしたお店や民宿を始めてみるのも良いかもしれません。

退職後も活き活きとした生活を送ろう

定年退職を迎えた後にも働きたいと思っている人は多くいて、中にはシニア世代から起業する人もいます。会社で働いていた頃は時間や規則に縛られていたという人も、起業することで自由なスタイルで働くことができるためストレスを感じにくくなることが多いです。雨漏り修理などを行ない、きちんとメンテナンスされた古民家なら多くの人に癒しの空間を提供できます。

TOPボタン