古民家に雨漏りはつきもの?きちんと雨漏り修理しないと大変です!
油断大敵!古民家の雨漏りしやすいポイントを見張るべし
雨漏り修理業者は被害が酷くなる前に点検や対策を行なっている
古民家には古民家の雨漏り修理があった!~受け継がれる工法~

安全な点検を行なう雨漏り修理業者~古民家を湿気から守る~

雨漏り修理業者が頼れる理由とは?

雨漏り

雨漏りの原因になることが多い屋根ですが、点検をするためには屋根に登る必要があります。足を滑らせてケガをする恐れがあるので雨漏り修理業者に依頼しましょう。

理由その1【雨漏り修理業者に依頼すれば安全】
屋根の点検をする際に一番怖いのは屋根からの転落です。特に足腰の弱い人の場合足を滑らせたときに踏ん張ることができず落下の危険性が高くなります。高齢者の場合骨折の直りも遅くなりますし、頭部のケガは重傷に繋がることがあります。そうなってしまわないように、無理せず雨漏り修理業者に点検してもらいましょう。
理由その2【事前見積もりで明朗会計】
雨漏り修理業者では、修理を行なう前に無料で現地調査をしてくれます。屋根の点検の他、建物全体を細かく点検し、雨漏り被害の状況を調べます。調査結果を元にアドバイスや見積もりを行ないますが、もしもその業者で納得できなかった場合は断ることも可能です。

湿気対策も心がけよう

雨漏り被害が少ないからといって放置してしまうと、湿気が酷くなり古民家はどんどん傷んでしまいます。

古民家は湿気が大敵


古民家が最も傷む原因は何ですか?
古民家が傷む原因として一番大きなものは湿気です。古民家は全体が湿気に弱い造りをしていますが、特に地面に接している土台と雨漏りの発生する屋根は傷みやすいです。他の部分にまで腐食が広がらないよう、雨漏り修理を行ないましょう。

梅雨前は特に湿気対策をしましょう

カビ対策にはエタノール
エタノールはカビを分解する効果があるため、既にできてしまったカビの除去や予防に効果的です。市販されているエタノールの中には無水のものと薄められたものがありますが、殺菌効果を得るためには水分を混ぜる必要があるので薄められたものを選びましょう。
防水シートの保護
瓦屋根は一般的に、瓦の下に防水シートを施し雨漏りを防ぐ造りになっています。防水シートが直接雨風や日光にさらされないように瓦で保護していますが、経年劣化や強風によって瓦に割れやずれが発生することで防水シートがむき出しになり、傷みやすくなります。雨漏りが発生する前に修理を依頼しましょう。
TOPボタン